モンハン探検記 まぼろしの島』と『アサヒ

GREEでサービス中の『モンハン探検記 まぼろしの島』とアサヒ飲料の『アサヒ 十六茶』のコラボレーションキャンペーンが、本日6月11日~7月10日の期間に実施される. 『モンハン探検記 まぼろしの島』は、『モンスターハンター』に登場するモンスターを集めて戦うソーシャルゲーム. 手に入れたモンスターを合成することで、より強いモンスターを作り出せる. キャンペーン対象商品には、画像のネッカーが付いている. キャンペーン期間中は、『アサヒ 十六茶』にネッカーが付属. ネッカーに記載されているシリアルナンバーを入力すると、もれなくオリジナルアイテム”バトル回復茶(十六茶仕様)”がもらえる上、抽選で合計5,000人に1枚もしくは3枚のガチャチケットが贈られる. ナイキ通販 キャンペーン概要 【実施機関】2012年6月11日15: 00~7月10日15: 00 【対象商品】アサヒ 十六茶600ml 【取扱店】全国のコンビニエンスストア ※アイテム交換期間開始前及びアイテム交換期間終了後に、店頭にキャンペーンネッカーが付いている商品が並ぶ場合がある. ※一部取り扱いのないチェーン、店舗がある. ※キャンペーンネッカーの付いている商品が対象商品となる. ※キャンペーンネッカーの商品への付属は、なくなり次第終了となる. ※画像はイメージのため、変更となる可能性がある.

Forsaken World』3時間限定

シーアンドシーメディアは、PC用MMORPG『Forsaken World』で、本日6月22日20: 00~23: 00限定で、モンスター討伐時の獲得経験値が通常の1.2倍になるイベントを実施する. コービー8 また、正式サービス開始後に実装される、ファッションアイテムの数々がスクリーンショットとともに公開された. 歴代声優陣も駆け付けた! 『.hanullck』

歴代声優陣も駆け付けた! 『.hanullck』

バンダイナムコゲームスが展開するメディアミックスプロジェクト『.hack』シリーズのライブイベント”.hack//Live 劇奏”が、本日5月9日に東京都のゆうぽうとホールで行われた. イベントには、シリーズを代表する人気声優陣や、楽曲を手掛ける梶浦由記さん、”LieN-リアン-“らが駆け付け、トークやライブを行った. 公演は昼の部と夜の部があり、公演ごとに一部内容が異なっている. この記事では、昼の部の模様を写真を交えてレポートする. イベントは、”LieN-リアン-“による『時の階段』で幕を開けた. シリーズ最新作『.hack//Link』のオープニング曲であるこの曲は、イベントの始まりにふさわしい曲だった. イベントの司会は、『.hack//』でブラックローズを、『.hack//G.U.』で揺光役を担当した浅野真澄さんが担当した. 浅野さんがイベントの内容などを軽く説明し、早速声優陣によるライブドラマ(朗読劇)が行われた. 演目は『.hack//after2021』. アカシャ盤に取り込まれたトキオ、彩花、フリューゲルの3人が、過去の時代に飛び、歴代の登場キャラクターたちの姿を見つけるストーリーになっていた. 2011年、ドゥナ・ロリヤック中央広場では、カイトとブラックローズが『The World』での最後の冒険に繰り出そうとしていた. リアルで高校受験を間近に控えたカイトと、進路を決める時期に差し掛かった高校2年生のブラックローズが、お互いの将来について語り合う. 今年で大学生になる司も登場. カイトとブラックローズのやり取りに、新たな環境へ踏み出す勇気をもらう. 続いて、トキオたちは2018年のルミナ・クロスアリーナにジャンプ. アリーナで戦いを続けるヨーコに、ハセヲが出くわす. ハセヲは、将来ネットデータを管理する職に付きたいと告白. 大学に入るため、一旦『The World』よりもリアルを優先すると話す. ヨーコは、まだまだアリーナで戦い続けることを選択. ヨーコに、アトリはどうなっているのかと訪ねられたハセヲは、保育士になるための勉強をしていると説明する. もう一度ジャンプさせられたトキオたちだったが、データの渦に飲み込まれてピンチに陥ってしまう. 「(トキオの)ダブルウェアの力を最大限に発揮するためには、会場のみんなの力が必要だ」とフリューゲルにあおられ、会場から精一杯の拍手が贈られる. トキオは、駆け付けたカイトたちと力をあわせ、無事データの渦を消滅させることに成功. アカシャ盤の前に戻ってきたトキオたち. トキオと彩花は、アカシャ盤に戻ってくる寸前、植物が生い茂った温室のような場所でたたずむアウラの影を見たと、フリューゲルに告げるのだった. 朗読劇の後は、出演声優陣によるトークが繰り広げられた. 歴史ある『.hack』シリーズについて「いろいろな役をやったよね」としみじみ振り返る斎賀みつきさんと相田さやかさん. 「僕も3役ぐらいやりましたよ」と同意する櫻井孝宏さんだったが、斎賀さんに「どんな役をやったの? 」と鋭く突っ込まれ、たじたじに. 「やっぱりハセヲが一番印象に残っていますね」と涼しげに返す櫻井さんだったが「そりゃそうでしょ! 」と総ツッコミにあっていた. 『.hack//Link』の収録の際に、録り直しをすることになってしまったエピソードを三瓶由布子さんが披露. クロスレンゲキのボイスを「他の声優さんがあわせてくれる」ということで自由に撮ったのだが、今度は自分の声にあわせて作られたクロスレンゲキにあわせなくてはならず、大変だったそうだ. 普段から仲がいいと他の登壇者から言われた三瓶さんと小清水亜美さん. 三瓶さんはイベントのパンフレットを見て、「”祝 .hack//Live”と書いたんですけど、(小清水さんも)偶然まったく同じように書いていて驚いたんです」とうれしそうに話していたが、小清水さんから「あれはね、見てパクッたの」とぶっちゃけられ、ガッカリしていた. 「ハセヲが「きたきたきたきたー! 」と言うと失笑が起こってうやらましい」と浅野さんに言われ、思わず会場に”失笑”なのかを問い掛ける櫻井孝宏さん. 杉田さんも負けじ(? )と「僕なんかあいさつしただけで存在そのものを失笑されますからね」と話し、会場の笑いを取っていた. →ライブドラマ2本目では、トキオがかわいそうなことに!?(2ページ目へ).

LBXと街へ繰り出そう――対戦・協力で広

レベルファイブから6月16日に発売された、PSP「プレイステーション… レベルファイブから6月16日に発売された、PSP「プレイステーション・ポータブル」専用ソフトウェア『ダンボール戦機』のプレイレポート後編をお届けする. 本作の世界が持つ魅力を紹介した 前編 に続き、後編ではライターのてっけんが対戦・協力プレイのおもしろさを解説していく. みんな、バトルしようぜ! 前編 の最後でも触れた通り、プレイレポートの後編では『ダンボール戦機』が持つ魅力のうち、”対戦”や”協力”といった他の人とつながることで広がっていく楽しさについて触れていきたい. その前にひとつ断っておかねばならないのだが、筆者がこの原稿を書いている時点で、カレンダーの日付はまだ6月20日. そう、つまり『ダンボール戦機』のソフトが発売されて、実はまだ4日しか経っていない. 本作の通信要素はある程度ストーリーを進めないと解禁されないため、発売日にソフトを買った人でも、現時点で対戦や協力をそこまで積極的に楽しんでいるプレイヤーは少数だろう. さいわい、筆者の周りには発売日からやり込みまくっている知人が何人かおり、今回は彼らの協力を得て、おそらく普通の人よりはちょっぴり早く、本作の対戦や協力プレイを満喫することができた. 今後プレイヤーの間でどのように通信プレイが楽しまれていくのかとか、対戦ツールとしてのバランスはどうなのかとか、正直なところ長期的な部分についてはまだ答えようがないが、とりあえず本稿では、単純に”筆者が体験してみて楽しかったかどうか”という部分に重きを置いていくこととしたい. ドタバタが楽しい”マルチプレイバトル” 本作における通信要素は大きく分けて2つ. 1つは”マルチプレイバトル”、もう1つが”ランキングバトル”だ. マルチプレイバトルはいわゆる対戦モードで、ランキングバトルは友だちとタッグを組んでCPUチームと戦っていく協力モード. なお、マルチプレイバトルについては比較的早くから遊ぶことができるが、ランキングバトルが解禁されるのはストーリーを結構進めてからとなる. 通信要素は基本的に、街のあちこちにある”メタモ”に話しかけることで行う. 友だちと対戦したい時は通信対戦、協力ならランキングバトルだ. PSPのアドホック通信機能を使ったマルチプレイバトルでは、最大4人が参加可能な通信対戦が楽しめる. 2チームに分かれて戦うオーソドックスなタッグ戦の他、4人入り乱れてのバトルロワイヤルや、1対3のハンデ戦なども可能で、制限時間の有無、参加プレイヤーのレベルを統一するかどうかなどオプション類も豊富. 対戦ツールとしての基本的機能はひととおりそろっている印象だ. 遊んでみた感想としては、CPU戦とはまったく違った戦略が求められるな、というのが最初の印象. 筆者の場合、ストーリーモードではまず遠距離武器でチャンスゲージをため、あとは近づいて一気にコンボと必殺ファンクションで仕留める――といった立ち回りをメインにしていたのだが、対人戦ではなんとこれが一切通用しない! そもそも遠距離攻撃は動き続けていればほとんど回避可能だし、逆にはずすと大きなスキが生まれてしまう近接攻撃は、確定状況以外でぶっ放すのは結構勇気がいる. 1対1をいかに制するかよりも、いかにして2対1かそれ以上の状況を作り出すか、という”立ち回り”のほうが、対人戦ではより重要になりそうだ. そういう意味では、4人入り乱れてのバトルロワイヤルが非常におもしろかった. 周囲の状況を見ながら、誰を狙えば2対1に持ち込めるか考えたり、混戦状態のところにハンマーのチャージ攻撃をいきなりぶち込んだりする快感は、バトルロワイヤルならでは. 逆に周り3人から狙われてフルボッコにされることもあるが、3人を相手にひたすら逃げまくるのもそれはそれで楽しい. 通信対戦は最大4人まで参加可能. チーム分けなども自由に設定できる. “レベルあわせ”を使えば、レベル差のあるプレイヤー同士でもバトル可能だ. 対戦時はリーダーに設定されたキャラクターとLBXが自動的に使用される. 対人戦では、CPU戦とはまったく違った立ち回りやスキルが求められる. 今はまだ、みんなよくわからないなりに対人戦のドタバタを楽しんでいる感じだが、もちろんいずれ対戦シーンが煮詰まってくれば、対人戦ならではの立ち回りや、1対1で競り勝つための戦術、タッグを生かした連携攻撃なんかもきっと研究されていくことだろう. 使われているLBXやウェポンを見ても、ストーリーで使っているものをそのまま持ってきた、という人がまだまだ多く、スキルや属性、重さまで考えて組んでいる人は少ないように感じた. おそらく今後も”立ち回り重視”というバランスや、”立ち回りを考える楽しさ”というおもしろさの核は変わらないと思うが、こうしたテクニックや戦術が確立されていった時、本作の対戦スタイルがどのようなものになっていくのかには純粋に興味がある. ネットの掲示板などを見ても、まだまだ戦術論について踏み込んで語っている人は少なく、ある意味ではそれを考えていくのも『ダンボール戦機』の楽しさと言えそうだ. 混戦状態の中でどのように立ち回るか. アクションはシンプルだが、考えることは多い. 現時点ではよくわからないうちに決着がついてしまうことも多くドタバタ感の方が強いが、今後高レベルでの対戦が当たり前になり、研究が進めばまったく違った対戦ツールに化ける可能性はある. →次のページでは”ランキングバトル”について解説! ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』 (2ページ目へ).

マイアミのHyperdunk PE Co

マイアミ大学はまだ、ACCで苦労したが、マイアミのHyperdunk PE Colorwayは、ナイキはそのHyperdunkスニーカーでチームを鼓舞停止しません. 今年初め、ナイキは、ハイパーエリート制服を導入しHyperstrongショートとチームのHyperdunk IDと一致する戦車に対抗する. 学校の色、オレンジ、緑と白のは、その1925舌タグを使って学校の創立の歴史の新しいスニーカーの思い出. でnikebasketball.com経由して写真 ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』

ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』

PTAことポール・トーマス・アンダーソン監督の作品は基本的に暗喩が多用されているため、見る人によっては理解し難く退屈に思える映画が多いです. そのためこの作品に関してもPTA好き以外にはやはり難解だったらしく、映画館には団塊世代のおじさまたちがたくさん駆けつけていましたが、案の定「ようわからん」という顔をしてましたね. まずこの映画はオープニングから数分の間、全くセリフがないんです. またBGMもまるで山岳地帯の少数民族が悪魔祓いの祭をしている時に奏でているようなちょっと恐ろしげな音楽のため、妙に怖ささえも感じてしまうんです. そしてそこから2時間半、この映画で見事アカデミー主演男優賞を受賞したダニエル・デイ・ルイスの「神掛かった」、いや「悪魔掛かった」と言った方が適切と思われる強烈なインパクトを残す演技に見せられてしまうのです. 石油採掘のために家族を大事にする男という仮面を被り、野太い声で相手を短時間で説得し、若き牧師に平手打ちを連発する、まさに神を悪魔をも恐れぬその存在感は正直『ギャング・オブ・ニューヨーク』の時以上の迫力を感じましたね. でこの悪魔をも恐れぬ男がとある事故で息子H・Wの聴力が失われてから徐々に自分の周囲に潜む悪魔を払い除けようともがく様がなんとも滑稽であり、物悲しく、そして恐ろしいんです. 息子の耳が聞こえなくなったのは悪魔のせいだと考えれば息子を遠のけ、まだ買占めが成功していない土地のため神を信じる心もないのに教会で洗礼を受け、突然現れた弟と名乗る男をいきなりビジネスパートナーにし、やがて殺人まで犯す・・・. まるでダニエルが石油と同じように人間の血までも欲しがっているようにも見えて、人間の心の奥底に潜む悪魔の恐ろしさを改めて感じましたよ. 乾いた大地に溜められる石油の黒い池、掘り当てた石油が引火してできた火柱、どんなに神の言葉を代弁しても所詮は金の亡者だった牧師、体を揺すってもなかなか起きないダニエルの深い眠り. そのどれもが欲望という人間の心の奥底に潜む悪魔を暗喩したものに見えました. そして成長した息子H・Wが意見の違いから父親のもとを離れ、ダニエルがポール・ダノ演じるイーライ牧師との長年の決着を付けた後の「終わった」という一言. 彼にとっては自分の周りにいた悪魔を払い除けたという意味の「終わった」かも知れませんが、私にはどことなく「これで自分自身も終わった」と言っているようにも思えました. 所詮どんなに悪魔祓いをしようとも自分の心に潜む悪魔を払い除けない限り終わりは見えてこない. 牧師の頭から流れる血が石油のように黒く見えたのも、偶然ではないような気がしました. 深夜らじお@の映画館 はPTA監督作品は基本的に好きです.